大垣市民1000人による映画エキストラ!!

映画

自治体や地元企業が参加し、地域活性化につなげる地方創生ムービーとして、大垣市や揖斐川町、大野町、池田町などで今年5〜6月に撮影が行われる予定。
大野町の河本バラ園で開発された青いバラ「ブルーヘブン」を軸に、スカイスポーツや木曽三川など地域の魅力を盛り込んだ物語が展開される。
監督をつとめる秦監督はこれまでにドラマ『アンフェア』の原作小説や、ドラマ『HERO』や『ドラゴン桜』などの脚本を手掛け、2016年に桑名市を舞台にした映画『クハナ!』で監督デビュー。
昨年6月には宇都宮市が舞台の映画『キスできる餃子』が公開され、本作は地方創生ムービー第3弾となる。監督は「どの年代でも楽しめて明日への活力が湧く映画にしたい」と意気込みを見せている。

主演は今年デビュー50周年を迎え、映画初主演となる女優で歌手の由紀さおりさん、青いバラを誕生させた「ばあちゃん」役。「相手を思う家族の原点みたいなものが描かれればいいなと思います」と語る。さらにBOYS AND MENの小林豊さんと本田剛文さんの出演も決定している。公開は2019年秋以降を予定。

エキストラ1000人による圧巻のダンス

映画『ブルーヘブンを君に』で、脚本と監督を担当する秦建日子さんは

『劇中、1000人で、がっつり歌って踊りたい!』
映画の中盤に、BOYS AND MEN の小林豊くんと本田剛文くん& ヒロイン(まだ明かせないのですが、近日お名前発表予定です!) が、由紀さおりさん演じるお祖母さんのために、とてつもなく頑張るシーンがあるんです。

その場面で、映画用に書き下ろされたダンサブルでキャッチーな楽曲を作って、BOYS AND MENファミリーとともに、1000人で、がっつり歌って踊るシーンを撮りたいのです。
(その楽曲が、そのままCDでも発売されて、この1000人ダンスのシーンが初回の特典DVDになってくれたりなんてしたら最高ですね)

場所は、大垣市を中心に、岐阜県全域、そして名古屋を考えています。
どうでしょう?
実現したら、めっちゃ楽しそうじゃないですか?
もちろん、2000人ダンスになっても3000人ダンスになっても構いません(笑)

なつむぎ
なつむぎ

1000人のダンスは圧巻ですよね!!それが大垣で行われるなんてぜひ観てみたい!!

実際のシーン撮影の様子

実際に5月30日に大垣市馬場町の四季の広場でオーディションに参加したエキストラが登場するシーン「1000人ダンス」の撮影がありました!!

 ダンスシーンは県内外の数カ所で撮影するらしく、映画では、エキストラ計1000人が挿入歌に合わせて踊る姿を次々に場面転換していく予定です。

 大垣の撮影には乳幼児から60代の170人が集まり、あらかじめ動画を見て振り付けを覚えていて、近くの奥の細道むすびの地記念館で全体練習した後、本番に臨みました!

なつむぎ
なつむぎ

老若男女問わず幅広い世代がいて、とても楽しそうでした♪

インスタグラムより引用
インスタグラムより引用
なつむぎ
なつむぎ

奥の細道記念館の駐車場で練習して水門川で本番撮影!!天気も良く盛り上がりました♪

大野町で開発された青いバラ「ブルーヘブン」を題材に家族の触れ合いを描く【ブルーヘブンを君に】は来年公開予定。

エキストラに出れたみなさんも、出ていない方も西濃のいろいろな場所で撮影があったのでぜひぜひ観てみましょうね♪

コメント