大垣市が開催する全国スクラッチプログラミングコンテスト!!2020年にはプログラミングが必修化に!!

生活・暮らし
スポンサーリンク

2020年から小学校でプログラミングが必修化になるって知っていましたか?

2020年度より順次施行される学習指導要領(新学習指導要領)では、小学校~高等学校の各学校で「プログラミング教育」が必修化されます。

小中学校は「全面実施」ですので、施行時の学年を問わず、2020年度からは小学生が、2021年度からは中学生が新たな学習指導要領の教科書で学習をします。
高校は「年次進行で実施」であり、2022年度の高校1年生からが新たな教科書で学習をします。

なつむぎ
なつむぎ

僕たちが教えられてないプログラミングが必修化というのはすごいことですよね!!親としても教えれないので難しいところではあります。

スポンサーリンク

プログラミング的思考を育む

実際にプログラミングの授業って何をするの?ということですが、 「プログラミング」を通して「プログラミング的思考」を育むことが、文部科学省の意図するところです。

「プログラミングのスキル」を身につけることが目的ではありません。

特にコンピュータ関連の技術は日進月歩で進化しており、学校でスキルを学んでも社会に出る頃には時代遅れとなってしまうものが多くあります。しかしその根底にある考え方や思考のパターン、基礎技術などは時代を超えて必要とされるものであり、学校教育ではそのようなもの身につけてほしい、そのことが将来のIT人材育成に寄与するのみならず、現代社会を生き抜くために必要な「力」を身につけることにもなるのだという思いが見えてきます。

大垣市では早くからプログラミング塾を開講

大垣市ではロボットなど早くからプログラミング等を身近に感じれるように取り組んでいます!!

なつむぎ
なつむぎ

市でこういうことに力を入れているのはステキなことですね!!

大垣市長杯全国スクラッチプログラミングコンテスト

大垣市では全国プログラミングコンテストが開催されます!!

スクラッチとは?

Scratchは誰でも無料で使えるフリーソフトです。お金を払うことなくプログラミング学習をはじめることができます。

Scratch(スクラッチ)とは、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発したプログラミング学習用ソフトです。学習用言語とよばれることもあります。

Scratchは様々な言語に対応しており、世界のプログラミング教育で最も使われているソフトです。もちろん日本語で使うこともできます。

日本ではNHK教育テレビでWhy?プログラミングというScratchを使った番組が放送されるなど、Scratchを使った教育学習に注目が集まっています。

ビジュアルプログラミングでわかりやすい

「プログラミング」というと黒い画面に淡々と文字を打ち込んでいく様子を想像される方が多いと思います。
業務で行われるプログラミングはそのイメージどうりです。しかし子ども達がプログラミングを学ぶ上では、業務レベルで使われているプログラミング言語は、理解が難しく扱いづらいものです。

Scratchは、目で見てわかりやすい「ビジュアルプログラミング」という形式が採用されています。
わかりにくいプログラミングの命令を「ブロック」とよばれるイラストに置き換え、まるで積み木で遊ぶかのように楽しく簡単にプログラミングをすることができます。
プログラミングで命令を与える対象物にはキャッチーなイラストがたくさん使われていて、子どもたちの興味をひき飽きないように工夫されています。

なつむぎ
なつむぎ

プログラミングってこと自体わからないですが、これならわかるかも・・・

来年からもさらに必須になるプログラミング!!

まずは子供とスクラッチを一緒に学んでみましょう!!

コメント