大垣のマスク状況は!?クラスターの可能性でさらなるマスク需要

生活・暮らし

大垣市で自営業をしている職場でクラスターの可能性があると発表されました!

大垣市でクラスターが確認されれば、県内二つ目となる。県によると、同市に住む60代男性、40代男性はいずれも軽症。60代男性は24日にのどの痛みが、40代男性は26日に37・3度の発熱や倦怠(けんたい)感が出ていた。2人は21日、50代自営業男性と屋内で同じ業務に当たっていた。職場などでの接触者は計13人おり、うち1人にせきやのどの痛みの症状があるという。

なつむぎ
なつむぎ

職場や行動歴の詳細はまだ発表されていません。大垣市といっても広いので公表してほしいものですが、、、

マスクはほぼ売り切れ!!県内93%在庫なし

大垣市を含める岐阜県内で感染者が増えているとともに、マスク不足も深刻となっているのが現状です!

岐阜県が3日、スーパーやホームセンターを含めた県内274店舗に実施した需要動向調査によると「在庫なし」の店はマスクで93%、消毒液で86%に上った。ある店の男性店長は「入荷はわずかで、毎日はない。持病がある人など、本当に必要な人に行き渡っていない気がして心苦しい」とこぼす

なつむぎ
なつむぎ

ドラックストアにはほぼ在庫なしと考えた方がいいでしょう・・

それを踏まえた対策が必要です。。

県内93%が在庫なしなのでドラッグストア各店をひたすら回ってもない可能性の方が高いのでかなり効率が悪く、さらに並んだり店内での感染の確率が上がってしまうだけです。

なつむぎ
なつむぎ

それよりもマスクを作る、マスクをしなくてもいいように外出を避ける方がよっぽど安全で効果的です

それでもマスクの需要はどうしても高いので購入するなら楽天やヤフーショッピングといったサイトの方が可能性が高いです!

大垣の老舗衣料店が手づくりマスクを開始

大垣では地域貢献してくれている素晴らしい方が多く、大垣の衣料店がその裁縫のノウハウを活かして手づくりマスクを開始するみたいです!

老舗衣料品店の中島デザイン(本社大垣市宮町2の30、中島歌子社長、電話0584・74・7357)は、布製手作りマスクの製作を開始した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からマスクが不足しており、少しでも地域に貢献したいという思いから始めた。1日当たり最大で60枚程度の製作を見込む。

なつむぎ
なつむぎ

素晴らしい地域貢献です!!こういった企業が増えてくれると安心ですね

手作りマスクの作り方

今はYouTubeなどで手作りマスクの作り方などがたくさん載っています!

家での時間が余っている人も家族と一緒に作るとヒマ時間を有効に使えますよ

【大人用】プリーツマスクの作り方(ノーズワイヤー入り)HOW TO MAKE A PLEATED WIRE MASK
なつむぎ
なつむぎ

自分で出来る事は自分でするという事はとても大切です。

これから何かあった時の為にも一度手作りマスクにチャレンジしてみましょう!

コメント