大垣市から国の天然記念物に指定されているニワトリ「烏骨鶏(うこっけい)」を将来に残そう!!

1週間に1個程度しか卵を産まず、国の天然記念物に指定されているニワトリ烏骨鶏(うこっけい)」を将来に残そうと、純粋種を飼育する大垣市福田町の食品メーカー「キャナリィ21」は、烏骨鶏のブランド化を進め、飼育費を募るクラウドファンディング(CF)を始める。希少な卵を「贅卵(ぜいたま)」と銘打って販売を促進し、食文化と品種の継承を目指す。 

なつむぎ

大垣市は天然記念物の烏骨鶏を取り扱っているお店が意外とあるんです!!

目次

天然記念物「純粋種烏骨鶏」

烏骨鶏は、小柄であるため肉量が非常に少なく、年間産卵数も170~180個と決して多くないため、実用鶏としての利用には不向きな品種であると言われてきました。

約1,000年前から珍重されてきた烏骨鶏はシャム猫のような絹糸状の羽毛に包まれ、その美しさは古くから人々を魅了し、イタリアの冒険家マルコポーロの『東方見聞録』の中にも登場しています。また古来、世界で認められる約300種類の鶏のうち、薬鳥と称されるのは烏骨鶏のみと伝えられ、日本には江戸初期に中国から漢方の薬学書『本草綱目』とともに渡来し、「烏骨鶏丸」と呼ばれる薬は女性の諸病に卓効を発揮してきました。

烏骨鶏は、単なる生物としての存在だけでなく、魅力あふれた鶏として、私たちに夢を与え、食文化にも可能性を広げる貴重な鶏種です。

なつむぎ

年間産卵数が少ない烏骨鶏はかなり希少です!!

希少な卵を「贅卵(ぜいたま)」で販売を促進し、食文化と品種の継承を目指す

現在、純粋種烏骨鶏から生まれる卵を生卵の他、カステラなどのお菓子や健康食品に加工し販売しております。

今回のプロジェクトはキャナリィ牧場の純粋種烏骨鶏の維持とともに、烏骨鶏卵を「贅卵としてブランド化に取り組み、広く皆様に知っていただくものです。

「贅卵」は時間と手間をかけて育ており他の卵と比べて卵黄の割合が高く、濃厚な味わいが特徴です。また栄養素が豊富に含まれており、認知症対策に有効な栄養素も他の鶏卵の約3倍も含まれています。多くの特長がある「贅卵」を是非味わっていただきたいです!

あわせて読みたい
岐阜県から!「純粋種烏骨鶏」を後世に残し稀少な卵を届たい! - クラウドファンディング READYFOR (レディ...
岐阜県から!「純粋種烏骨鶏」を後世に残し稀少な卵を届たい! - クラウドファンディング READYFOR (レディ...キャナリィ牧場の純粋種烏骨鶏の維持とともに、稀少な烏骨鶏卵を「贅卵」としてブランド化に取り組み、広く皆様に知っていただくものです。 - クラウドファンディング READ...
なつむぎ

支援する金額に応じてリターンがあり、贅玉はもちろん、烏骨鶏を使ったカステイラのリターンも有ります!!
大垣市の会社を応援しましょ♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる