【養老天命反転地】インスタ映え間違いなし!不思議な空間を楽しめる人気の公園!!

レジャー
スポンサーリンク

大垣市のお隣、養老郡養老町にインスタ映え間違いなしの不思議な空間を楽しめる公園があります。

その名も【養老天命反転地】

まるで天地がひっくりかえったようなオブジェやまっすぐ歩けなくなるような不思議な道があり、見るものを惹きつけ楽しませてくれます。

家族でももちろん、デートでも楽しめる不思議な公園をご紹介!

養老天命反転地とは?

養老天命反転地とは世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品です。
この作品はメインパビリオン「極限で似るものの家」「楕円形のフィールド」の2つの部分から構成されています。

「楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割した9つのパビリオンが点在し、さらに、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。

ここでは、皆さまが身体を使い、バランスをとりながら、私たちの身体の持つ様々な可能性を見つけることができます。予想もつかない”不思議”と出会える空間をぜひお楽しみください!

なつむぎ
なつむぎ

ネット環境が広がり、知ることはすぐできるようになりましたが逆に”体験する”という事は非常に大切なことになりました!

ぜひ体験して楽しみましょう!!

施設概要

入場時間9:00~16:30※開園時間は9:00~17:00
料金
個人団体
大人750円520円
高校生500円370円
小中学生300円210円
コインロッカー100円
  • ※団体割引は、20名様以上とさせていただきます。
  • ※小学生未満の乳幼児は無料
  • ※障がい者手帳等お持ちの方および介助者1名様は無料。ご入園の際、係員にご提示ください。
  • ※小中学生・高校生のみの入場はご遠慮いただいております。
休園日毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
なつむぎ
なつむぎ

公園と言ってもかなり大きいので子供が多い場合や、お年寄りが多い場合はしっかりと気を付けていきましょう!

各パビリオン

養老天命地記念館

外壁の24色はすべて内部にも反映され、不規則に注ぐ自然光の効果とあいまって、不思議な空間を作り出しています!!

なつむぎ
なつむぎ

色鮮やかな空間はインスタ映えスポットですね

 

極限で似るものの家

屋根は岐阜県の形をしていて、地面には岐阜県と隣接の県の地図が描かれています。

中は迷路のようになっており、コンロやソファ、家具、机など様々な家具が散りばめられています。

壁を貫通するように配置されたものや、逆さに置かれたものもあり不思議な空間です。

これらのものは、あるべきはずの場所、あるべきはずの姿、というわたしたちの世界に対する固定概念を、見事なまでに覆しています!!

なつむぎ
なつむぎ

この建物の天井にはびっくりするものも??

他にも9つのパビリオン、148の道があります!!後は行ってからのお楽しみ!!

 

 

死なない為の五感を養う建造物

「養老天命反転地は“天命”を覆そうという荒川+ギンズの思想を具現化したものが養老天命反転地で、両氏の構想を形にした実験的なアートプロジェクトとなっています」。人間に眠っている本能や五感をもう一度目覚めさせて、もうひとつの新しい自分を作る、というのがテーマになっているそうです。

 

なつむぎ
なつむぎ

確かに今は自動で何でもできるようになってきているので人の本来の力が弱くなっているのかもしれません。。

トイレの蓋は自動で閉まるし、自動で水が流れる。車も自動運転が現実になってきていて、人間が本来もっていた身体機能は退化してしまうかもしれないです。

快適さと便利さを追求しすぎて、肉体や頭を使わなくなっていく人間に対する作者からの警鐘と捉えることができます。

なつむぎ
なつむぎ

過ごしやすい日常からは得られないアンバランスな空間は今の世の中には大切な物かもしれません!

ぜひ家族や大切な人と一緒に”体験”してみてくださいね♪

コメント